空の色

抗がん剤 初体験

 がん告知から入院したまま、すぐに1回目の抗がん剤を打つ日がやってきた。
 『抗がん剤』って聞くだけで、嫌な事がたくさん浮かんでくる。
 よく、ドラマとかテレビで聞いたことある言葉。
 吐き気、脱毛、だるさ。そんな印象があった。
 看護婦さんからも、説明された。一番嫌だったのは、脱毛。
 やっぱ女として、それが一番つらい。彼氏だって、そんな姿見たら離れて言っちゃうかも、、、。
って怖かった。 
 1回目は初めての抗がん剤だったから、心電図を付けて、頭にも、なるべく髪が抜けないよう に、宇宙服みたいなのをかぶって受けた。
 抗がん剤の針は、すごく太い!布団針みたい。昔から注射が苦手な私にとっては、その針を見ただけで倒れそうだった。
 いよいよ薬が私の体に入れられる。どうか、どうか治りますように、、、。と心の中で祈った。
 少しずつ薬が入ってくるのがわかる。口の中が薬のにおいがする。
 それから半日かけてゆっくりと入れていく。
 お母さんが来てくれていた。私がガンだって兄弟に話をしたら、お兄ちゃんがボロボロ泣いて 
たって。 自分のことで涙を流してくれる人がいるって、ありがたい、と思うと同時にその光景を 想像して心が切なくて痛くなった。 

 1日目は、体には何の症状も出てこなかった。
 2日目も、特に変わりはなかった。
 3日目、 気持ち悪い、全身がすごくすごくだるい。横になっても歩っていてもだるい。
 ご飯が食べれない。つらかった。早く家に帰りたくてしょうがなかった。
 
 そんな中でも、彼氏はほぼ毎日ちょっとの時間でも来てくれた。それが嬉しくて、楽しみで。
 気持ち悪くても、だるくても、その瞬間は笑顔でいれた。
 病気になってよりいっそう大切な人になっていたから。隣で支えてくれて、笑わせてくれて、し かってくれて。大好きで、大好きで。感謝してもしきれないくらいたくさん助けてもらった。
 今、こうして元気に生きていられるのも、その彼氏がいてくれたから。そばにいてくれなかったらきっとだめになってた。 私を助けてくれた神様なんじゃないかって本気で思った。
 子供が産めなくなる私を見捨ず、二人で生きていこうって言ってくれた。
 ホントにホントにもうだめかもしれないっていうとき、二人でどこか遠い、キレイなところで暮ら そうか、って言ってくれた。実現されなくても、そう思ってくれてるだけですごく嬉しかった。
 今でも大切な人。私の命の恩人。
 
 その人とは、治療が終わってから、別れがやってきた。
 全摘して、精神的にすごく不安定になって、子供が産めないのに一緒にいることが本当にそ の人にとっていいことなのか。そう思いだして、そう思ったら、自分がいらない人間の様に思え て、欠陥品に思えて。一緒にいるのがつらくなった。本当は、心の奥底では、一緒にいて欲し  いと思ってるのに、怖くて言えなかった。 
 『考えて』って私から切り出したんだ。 それでも一緒にいるって言って欲しかった。わがまま だけど。 でも彼氏は二ヶ月以上考えて、『一緒にいれない』っていう結果を出した。
 言われた瞬間、平気な顔して『わかった』って言うので必死だった。
 でも次の瞬間、彼氏にしがみついて、『ヤダ、ヤダ、一緒にいたい、ヤダー』って泣き叫んで  た。それが本心だった。でも1回出した答えをすぐに変えるような人じゃないってわかってる。
 『ごめん』って低い声で何回も謝ってた。
 家の前で車から降りた私は、そのまま道路にしゃがみこんでしばらく泣き崩れていた。
 まともに歩けないほど泣き崩れてて、這い蹲りながら家の中に入って、両親が心配すると思って部屋に上がろうとした時、お父さんが異変に気づいてどうしたって言ってきた。
 言葉にならず階段でこらえ切れなくてボロボロ泣いた。
 病気中も、心配するから両親の前では絶対泣かなかった私が目の前で泣き崩れてるから、本当にびっくりしたと思う。
 次の日の朝、お母さんが、コレも食べな、コレも。っていつもは言わないことを言っている。
 あー心配してるんだー。と思って、ご飯を一口、口に入れたらその優しさにまた涙が出てきて しまった。でも気づかない振りしてくれて。仕事に行くときも何回も何回も『気をつけてね』って
言ってくれた。頑張んなきゃって踏ん張って会社に行った。
 仕事終わる時間に、いつもはしてこないのに電話をよこして、『何時に帰ってくるの、早く帰っておいでよー』って。 家について電話の横のFAXをふと見たら、お母さんが友人に『娘が心配なので今日は行くのやめます。』って書いてあった。 
 何があったか聞いてこないし、なるべく普段どおりにしていてくれるお母さんの優しさ。でもすごく心配かけてるんだ。自分なんかいなくてもいいんじゃないかって思ったりもしたけど、こんなに心配してくれる人がいるんだから、それだけで生きている意味があるんだとそのとき思った。
 何のために生まれてきたのか。ではなくて、生きる為に生まれてきたんだと。
だから何があって生きていかなければいけないんだと。それが私の生まれてきた意味だから。
  
[PR]
# by kirakirabosiy | 2007-04-07 22:47 | 病気のこと

闘病生活スタート

  『ガン告知』された翌朝。泣きつかれて眠ってしまったらしい。ぐったりしてた。
 昨日のことが嘘みたいで、実感がまったくなく、ふわふわした感じ。
 受け止められないし、受け止めたくない。いろんなことたくさん、
 考えても考えても、どうしていいのか、これからどうなるのか不安でいっぱいだった。
 でも、いくら落ち込んでも、いくら考えても、闘うしかないんだ。闘うしか。
 そう言い聞かせてた気がする。 
 具合が悪いわけでもないし、どこかが痛いわけじゃない。
 なのに、私は、ガン。それもだいぶ進行している。子供が産めなくなる。
 頑張ろう、闘おう、病気を治そう。
 告知から何日後かには、私は強くなっていた。絶対に絶対に治す、子供を産む!と。
 でもそう強く前向きになれたのは、まだこれから先、つらいつらい日々が待っていることを
 わかっていなかったからだと思う。
 
[PR]
# by kirakirabosiy | 2007-04-03 12:35 | 病気のこと

入院

土日をはさんでいざ入院となり、ドキドキしながら病院へ向かった。

一通り説明をされ、書類を書き、病室へ案内された。
 
CT、MRIなど検査をし、手術することになった。

 腫れている卵巣を切ってみて病理検査。そう説明された。

書類には、病院で普通書かされる問診と、はじめてみる質問があった。
  “何でもいえる相談相手はいますか。それは誰ですか?”
  “尊敬する人はいますか。それは誰ですか”
  “ガン告知はされたいですか”
 深く考えずにパパッと書いた。告知はして欲しいと、、、。まさか自分が、、、。

卵巣脳腫で入院している人はたくさんいた。みんなすぐ退院していて心強かった。

同じ日に手術した人たちが次々と退院していく。1週間、2週間。

手術の傷もだいぶ痛みがひき、退屈でしょうがなかった。
 
彼氏、友達がお見舞いに来てくれたりして、早く退院したかった。

その時点でも、私はこんなことになるとは予想もしていなかった。
 
 
やっと、結果が出たからと、先生に呼ばれた。両親もやってきた。
 
ある一室で、先生、看護婦さん、両親、私の5人で。
 
少し沈黙の後、先生が、口を開いた。
 
『検査の結果、悪性でした
 
頭が真っ白。何?悪性って?先生が今後治療について話してる。でも聞こえない。耳に入らな

い。お母さんは、どんな顔してる?笑顔にならなきゃ、心配する。でも、でも真っ白。

お母さんは、『そーですか、はい、はい』とうつむき加減で聞いている。
 
悪性って、ガンだよね、そう理解できたのは説明が終わってからだった。
 
 
その時点では、だいぶ進行していたらしい。腫れすぎてて採れなく、検査に出す部分だけ採って

閉じた。口には出さないけど、手遅れ。だたらしい。 

 でもまだ22歳。抗がん剤投与して少しでも小さくして、卵巣、子宮全摘出。そう言われた。

 頭が真っ白で、何がなんだかわからなかったけど、一番気になることがあった。
 
子供のこと。 先生の説明が終わり、両親と、看護婦さんとの4人になってから、思い切って聞

いてみた。 看護婦さん、辛そうな顔して静かにうなずいた。その瞬間目に涙があふれてきた。

 両親にはその姿見られたくなくて、すぐに帰ってもらった。
 

 歯を食いしばり涙をこらえて、病室に戻った。愛犬のぬいぐるみを見た途端こらえていた涙が

一気に出てきて抑えられなかった。
 
一人になりたくて、病室を飛び出し、診察の終わった暗い病院のソファーで放心状態。
 
いろんなことが頭をよぎった。治療の不安、今後の生活の不安、子供が産めなくなる不安、

彼氏の反応。
 
当時の彼氏にメールを送った。『ごめんね』と一言。
 『冗談だろ』と返ってきた。冗談だったらいーのに。泣きながら『ごめんね』とまた送った。
 
心配して急いで病院に来てくれた。

 顔を見たら、また涙が出てきた。先生に言われたこと、子供が産めなくなる事、説明した。

 優しく手を握りながら冷静に聞いてくれてた。いっぱいいろんなこと話した。
 
本当は一緒にいて欲しいのに、反応が怖くて、他の人のところに行ってもいーんだよ、なんて強

気なこと言っちゃって。自分が傷つくのが怖いからそんなこと言っちゃったんだろうな。

 『一緒にいるよ、ずっと』 って言ってくれたんだ。『支えるから』って、、、。
 
 

 

 
[PR]
# by kirakirabosiy | 2007-03-21 00:31 | 病気のこと

総合病院へ

 それから何日後かに紹介状を持って総合病院へ行った。
初めての病院で仕組みが分からず、直接婦人科へ行ったらもうお昼近くだったので診察が終わってしまっていた。
中にいる看護婦さんに声をかけてみたら、今日はもう終わりだからまた今度来てください。そういわれた。 紹介状を握り締め、その日は家へ帰った。
 改めて今度は午前中に病院へ行った。
初診なのでだいぶ待たされた。周りは妊婦さんが多かった。その頃は何も気にならなかった。
 やっと呼ばれて診察。
紹介状を見ながら、どんな症状か問診をし、内診、触診、エコー。
内診の時、『あー、血が溜まってるねー』そう言われた。でもそんなこといわれてもあの時は何のことやら?『はあ~』そう返事した。『こんだけ血が溜まってたら痛かったでしょう、何でもっと早く来ないの』そういわれて少し焦った。
 その後エコー画像を見ながら、卵巣が腫れてるし、血も溜まってる。そこでも『卵巣脳腫』と診断された。『そしてすぐ入院してください。』と言われた。
すごく戸惑って、今すぐですかと聞き返したら、ちょうど、土日はさむので月曜日でいいです。と言われ、戸惑いながら首を縦に振った。
診察を終えてすぐに家へ電話をし、先生に言われたことを、母親に伝えた。
母親はなぜか驚いてる様子もなく至って冷静だった。
私もそれで少し冷静になった。職場にも入院するので2週間ほど休みを貰うため電話をした。
そのまま母親に向えに来てもらいその足で入院に必要なパジャマなどを買いに行った。
その時私はこれから何が待っているのか、想像もつかなかった。
[PR]
# by kirakirabosiy | 2007-03-07 11:32 | 病気のこと

病気発覚

今から4年位前、お腹が張っているのと、痛みを感じる事があった。
そのことを当時付き合っていた彼氏に話したら、一刻も早く病院に行けと言われて、しぶしぶ個人の婦人科病院へ行った。
産婦人科へ行くのは初めてのことで、ちょっとドキドキしたのを覚えてる。
 先生に状況を説明し、診察。
初めてあの台に乗った。  
なんとも言えない気持ちでその上で待ってった。
診察は内診。触診。中を画像で見ていた。
そして血液検査もした。

撮った画像を見ながら説明された。
片方の卵巣がすごく大きく腫れていること。
通常親指大くらいなのが、私のはこぶし大だと。
卵巣膿種だって言われた。ちょうどそのころ宇多田ヒカルがチョコレート膿種になって話題になっていたのでなんとなくわかった。
その時はその説明だけされた。
家に帰って、お母さんに、『私ガンかも』って冗談で言ったのを覚えてる。ホントになるとは思わなかった、、、。お母さんは、『なーに言ってんの、バカじゃないのー』そう言った。

一週間後血液検査の結果を聞きに行った。
まず、数値を見せられた。
CA125→140(正常値30以下)


総合病院を勧められた。
この日から私の人生は一変した。
[PR]
# by kirakirabosiy | 2007-02-15 19:23 | 病気のこと

過去のこと

これから少しずつ、私が病気になった過程、治療中のことを書いていこうと思います。

記録にと記憶に残す為に。
[PR]
# by kirakirabosiy | 2007-02-15 09:45 | 病気のこと

頭痛

術後、一番頻繁に起こる症状が頭痛。 
私の場合、たいてい右側が痛くなる。
半端じゃない痛みのときもあるんだよね~。

昨日、一昨日とそうだった。
仕事から帰ったら“ガンガーン”ってなりだして、夜になる頃には、とてつもなく痛くなってた。

頭が痛くなる予感っていうのがあって、あー痛くなる、ってわかるようになったんだ。
コレも、更年期障害の一つなんだよね。

実は私、大きい声ではいえないけど、術後、毎日飲むべきの薬、ホルモン剤をあんまり飲んでいない、、、^_^;。あんまりって言うかほとんど。
忘れてしまうって言うのもあるし、あんまり飲みたくないっていうのもある。

先生には、ここまでとはわからないだろうけど、あんまり飲んでないことがばれてて、急に何日か続けて飲んで、また飲まないってゆーのは良くないから、3日に一回とか定期的に飲んだ方がいーって言われた。
でもあんまり飲んでない^_^;
でも最近、やっぱり必要だなって思った。
今はまだ26歳。だけどこれからどんどん年重ねていって、このまま飲まないでいることは危険だな~ってちょっと感じてる。
だって女性ホルモンが全く出ないんだもんねー(-_-;)
このまま飲まないでいたら、ひげも生えるし、声も低くなるかもー!ヤバイ(ーー;)
でもあんまり飲みたくない。(頑固なおじいちゃんみたい)
だからちょっとづつ飲んでいこう。
まずは1週間に1粒づつね。(少ない('_')?)
[PR]
# by kirakirabosiy | 2007-02-15 09:06 | 病気のこと

卵子温存

卵子バンク。最近週刊誌や、ニュースで目にします。

以前は、既婚者のみが対象だったのが、未婚女性もできるようになるとかならないとか。

自分はもう卵巣もなーんにもないから無理なんですけどね・・・^_^;

でも術前はそういうことをよく調べてました。

普通に結婚して、普通に子供産んで、それが当たり前に叶うことだと思ってから。

どうしても諦められなくて、どうしても子供を産みたくて。

私、兄弟はたくさんいるけど、女は私だけだから。

お母さんにも、お父さんにも、見せてあげたかった。

そんな想いで、必死に調べた。

でも、あの時はまだ無理だったんだよね。こんな日が来るとは。

正直、周りの友達とかが結婚、出産する年齢になってきて、報告受けることが多くなってきた。

この間も以前の職場の友達から報告がきた。

その子は私の病気の事知らないから、結婚前からご飯に行っても、“子供は?早く作りな
嫌いなの?”っていつも言ってた。

その度に“う~ん、まだいいかなっ”ってごまかしてたんだ。

その子、保母さんだからいつも園児の話してた。

何も知らないから仕方ないんだけど。これから先もっとこういうことが増えていくと思うし、乗り越
えていかなきゃいけないこと。そう思って笑って聞いてたんだ。

でも、その産まれたっていう報告が、メールで、陣痛がきてから産まれるまでの経過を
細かく書いてた。
痛くて痛くて、我慢できなかったことや、何時頃の看護婦さんとの会話や、
産まれた時の喜び。
愛しくて愛しくてしかたないこと。こんなにいたい思いをして産んでくれた母親に感謝す
るっていうこと。幸せでいっぱいだっていうこと。

そのメールを読んだとき、よかったねって思うのとほぼ同時かそれとも早いくらいに
胸が苦しくなった。その原因はよくわかってる。

まだ術後間もない頃、友達が出産したっていうのを耳にしたとき、やっぱりこのときと同じ様に、
胸が苦しくなった。

そしてなんで私は・・・。って悔しくつらくて。でもいつか心からよかったねって
思えるようになりたい。そのときそう思った。

ん~、心からっていうのはまだ無理みたい。
いつかそんな日がくるのかわからないけど。
でも、あのときよりは、今の自分が好きだし、子供がいない生き方、自分の生き方、そういうのがわかった気がするから。
生々しく聞いちゃうとちょっとダメージが大きいけど、やっぱり私はそんなこと
ではへこたれない!!
 どんどんこれから乗り越えてもっともっと強くなるんだから
[PR]
# by kirakirabosiy | 2007-02-07 19:10 | 病気のこと

あと一年

CT検査をしてきました。病院も日々変わっていて前回とやり方も技師さんも機械も変わっていました。 
造影剤用の注射針を外来でいれてもらうときちょうどやってくれた先生があんまり面識がない方だった。すごく痛かった、、、。その後黒血になりました。
そんなこんなで地下のCT]室へ。
前よりもすごく立派な機械!こういうのっていくら位するんだろう~って考えながら、息をすったり止めたり。
 今回なんで造影剤を入れた瞬間ものすごーーーーく熱くなった!前とかは今回ほどならなかったからちょっと驚いた。息をすると口から薬の味がするの。あー入ってるー。って。
足の先まで熱々になりました。 とあまり得意ではないCT検査が無事終了しました。(いー加減慣れちゃったけど(^_^;))結果は来週。
今保険書申請中で10割負担で払ったら4万弱でした。うッ高いね。
[PR]
# by kirakirabosiy | 2007-01-15 09:55 | 病気のこと

ダイエット!

年末から今日まで本当に食べ過ぎた・・・。
一緒に暮らしてる相方がものすごーーーーく、お正月バカなんです(^_^;)
お正月予算だけは惜しまず出してくれる。
人に話すと、どこかに行ったりするの?って聞かれる。どこも行かないんです。どこにも。
ただ家にいてTV見たり食べたり寝たり・・・。この繰り返し。
一緒に暮らし始めて早3年?っだっけ?うん3回目のお正月。
だんだんグレードUPしてきてる気がする。
今年食べたのは、石垣牛1キロ(1万5千円)、タラバガニ片方(3千円)、大トロ(5千円)
その他、お節などなど作りました。とにっかく上の3品はめちゃめちゃうまかった(*^。^*)
 お肉は、サーロイン、ヒレ、各2枚ずつ入ってたから交互に食べたよ。
網焼きにして塩コショウ、からしでシンプルに食べた。ほんっとにほんっとにおいしかったーーー! 
[PR]
# by kirakirabosiy | 2007-01-09 20:24 | 日常